HOME 

WHAT'S

2016 No.191

映画誌[キネマ旬報]恒例の選考委員の投票による2015年ベスト10

【日本映画】1位 「恋人たち」 2位 「野火」 3位 「ハッピーアワー」4位 「海街Diary」 5位 「岸辺の旅」 6位 「Goninサーガ」 7位 「この国の空」 8位 「ソロモンの偽証」 9位 「母と暮らせば」 10位 「きみはいい子」 10位 「ロ−リング」とつづく

【外国映画】1位 「マッドマックス怒りのデスロード」 2位 「アメリカン・スナイパー」 3位 「アンジェリカの微笑み」 4位 「バードマン」 5位 「黒衣の刺客」 6位 「神々のたそがれ」 7位 「セッション」 8位 「雪の轍」9位 「インヒアレント・ヴァイス」 10位 「おみおくりの作法」 11位 「イミテーション・ゲーム」とつづく
■アクション映画興味ないけど、マッドマックスはいいのか?

映画誌[キネマ旬報]読者選出2015年ベスト10

【日本映画】1位 「海街Diary」2位 「恋人たち」 3位 「あん」 4位 「ソロモンの偽証」 5位 「岸辺の旅」 6位 「きみはいい子」 7位 「野火」 8位 「この国の空」 9位 「駆け込み女と駆け込み男」 10位 「バクマン」 11位 「母と暮らせば」とつづく

【外国映画】1位 「セッション」2位 「アメリカン・スナイパー」3位 「マッドマックス怒りのデスロード」4位 「バードマン」5位 「イミテーション・ゲーム」6位 「おみおくりの作法」7位 「ナイトクローラー」8位 「Kano〜1931海の向こうの甲子園」9位「黄金のアデーレ」10位 「妻への家路」11位「キングズマンとつづく
■読者選出ベストのほうが、エンターテイメント性が加味された一般的評価である。
  DVDを借りたりするときの参考にどうぞ

観てる映画が少ないけど … 私の2015邦画+洋画ベスト(順位関係なく観た順)
「ジェームス・ブラウン」◎「女神は二度微笑む」おみおくりの作法◎「さよなら歌舞伎町」セッション「旅人は夢を奏でる」「海街Diary」◎「ナイトクローラー◎「イミテーション・ゲーム
■毎年同じようなことを言い訳しているが、梅田で自転車が留めにくくて映画館に行く回数がメっきり減ってしまって、遅れてDVDで観たものも入れている。ジェームス・ブラウン」は大好きなんだけど、「Try Me」の曲の意味合いが映画で深く感じられてよかった。「女神は二度微笑む」はアッと驚くタメゴローだった。「おみおくりの作法」仕事を人のために地道なこなしている男の最後に救われた。「セッション」最後のやり返しがカッコよかった。「さよなら歌舞伎町」ラブホに集う人間模様。

「旅人は夢を奏でる」昨年の映画ではないが、いいかげんな親父と親父を知らなかった息子の二人旅でゆるーく秘密が知らされていく。ほのぼのと笑えた。海街Diary美人姉妹の淡々とした何気ない生活を眺めて幸せを感じた。ナイトクローラーニュースの映像を撮って売り込む、正義と悪ギリギリの知らない世界を垣間見た。イミテーション・ゲームコンピュータの礎を築いた男を知り、その苦悩の人生も知る。


連載135 Music for Nice Sleep -35
連載100まで、私の好きな音楽をアルバム単位でとりあげてきましたが、101回からはお休み前にリラックスする優しい音楽をとりあげます。お風呂に入る時、風呂上がりに聴くのにもいいです。眠る前には、当然ながら刺激的でなくてテンションが低く、ビートも弱くテンポもゆったりしたもの。低い音や柔らかい音の楽器によるものや、ささやくような、呟くようなヴォ−カルがいいようです。選曲の参考になればうれしいです。演奏はYouTubeでご確認を。

Sting [Fragile]
from
[Nothing Like The Sun]1987

「リトル・ウイング」「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」が聴きたくて買ったスティングで最も好きなアルバムに入っている曲.といってもこれしか持っていないのだが、スティングのベスト・アルバムにはちがいない。買って聴いてみると味わい深い曲が多く「シスター・ムーン」やこの「フラジャイル」も好きになった。「フラジャイル」の内容は悲しみの詩だが、アコースティックのギターが美しく、ヴォ−カルも抑えていて心静かに眠りにつく。

連載-South Island-35
Bali, Indonesia

バリ島では、カエルの石像はホテルなどでよく見かけるが、
このカラフルなカエルは初体面。
愛嬌のあるお店の玄関のマスコット。

SANPO PHOTO 81(天王寺区

お寺の多い下寺町で見かけたインド風の本堂。
墓は日本スタイルだが、蘇鉄の木がなんとなく南国的で
エキゾチックな不思議な空間。

 

what's news

 

 

シンガポールのパメランポスカド展に出展の16名の作品を、閑花にて展示、販売され私も8点ほど出展します。
いろいろなジャンルの作品をご高覧ください。アドレス、地図は

http://www.artcafe-kanka.com/gallery/