2015 No.185
HOME 

WHAT'S

連載129 Music for Nice Sleep -29
連載100まで、私の好きな音楽をアルバム単位でとりあげてきましたが、101回からはお休み前にリラックスする優しい音楽をとりあげます。お風呂に入る時、風呂上がりに聴くのにもいいです。眠る前には、当然ながら刺激的でなくてテンションが低く、ビートも弱くテンポもゆったりしたもの。低い音や柔らかい音の楽器によるものや、ささやくような、呟くようなヴォ−カルがいいようです。選曲の参考になればうれしいです。演奏はYouTubeでご確認を。

Milt Jackson [You Leave Me Breathless]
fromOpus De Jazz」1955

フランク・ウェスのフルートとミルト・ジャクソンのヴィブラプォンの共演。このスローの曲は、ヴィブラプォンの特長を生かすコロコロと転がる軽やかさと余韻を残す音の揺れもあり、そこにウェスのフルートが、神秘的な音色が噛み合って心地よいハーモニーになっている。お休み前のゆったりしたひとときにピッタリの曲である。

 

連載-South Island-29
Bali, Indonesia

バリ島には、庭園に置かれるいろんなユーモラスな石彫がある。
このカエルもリラックスしていていいですねぇ。

 

SANPO PHOTO 75(北区

帝国ホテル前の大川沿いに彫刻が展示してあり、
時おり作品が変わっている。
この時は、鉄を曲げて縦横格子状に組み立てた作品。
白く塗装され、軽やかに風に揺らいでるように見える
オシャレな彫刻が、緑に映えて美しい。


what's news


明治村散歩
大阪近辺彼方此方散歩の会が20回目となり、今回はメンバーと名古屋方面へ遠出をした。
7月の暑い日で、もっと見たいところもあったが、広いので彼方此方歩くのは大変だった。

帝国ホテル
日比谷公園の向にあったフランクロイド・ライト設計の建物。1964年の中学生の夏休みに見てから、50年ぶりに違うところで見るのは不思議だが、うれしい感じ。
右写真、アステカの遺跡のようなホールの柱。
左下写真、玄関屋根の上に丸い形が積み重なった造形が面白い。

右下写真 、2階の喫茶室の椅子は、ライトによるデザインの椅子。ここで休む予定だったが、17時閉店で、写真だけ撮らせてもらった。

上写真、今も神戸駅近くにある、すき焼きやステーキでおなじみの大井牛肉店。ここでハイカラな気分で牛鍋が食べられる。

右写真、京都中央区にあった聖ザビエル天守堂。明治村にはもうひとつ京都下京区にあった聖ヨハネ教会堂もあり、京都にこんな立派な教会があったのは、キリスト教徒が京都に多いのか?意外な感じ。

伊勢市の宇治山田郵便局舎。木造でシンメトリーに塔があり、カッコいいデザイン。ここから郵便が出せるそうだ。
東京の
品川灯台。変貌著しい今の品川にあれば面白いのに。
新潟県上越市の高田小熊写真館。オシャレな洋館の住宅も兼ねた写真館で、屋根の部分がガラスばりになっている。ここからの光を白と黒のカーテンで調節し写真撮影する工夫がされている。ストロボ等無い時代だからね。

大阪池田市にあった呉服座(くれはざ)演芸場。
エンタツ・アチャコや藤山寛美、渋谷天外等の写真が飾ってある。

場内は4人で座る枡席になっている。

純和風住宅の幸田露伴邸。玄関に花を飾るスペースがあり、ガラス越しに庭が見える、ゆとりを感じる粋な造りである。 
村の北出口にあるSL東京駅からSL名古屋駅まで、
この蒸気機関車が、お客さんを乗せて走っている。
このホームは、SL東京駅。